ロクシタン 大好き! ギフトにもおすすめ

ロクシタンの誕生

ロクシタンの誕生

ロクシタンは南フランス、プロヴァンス地方で誕生しました。

明るい太陽と豊かな自然に育まれる楽園のような地から生まれたのです。

ロクシタン創設者はオリビエ・ボーサン。

彼がが23歳のとき、手にした古い蒸留器で精製したローズマリーのエッセンシャルオイルを製造しました。

それが、すべての始まりだったそうです。

1976年にロクシタンを設立。

日本に上陸して、大人気となりました。「シアバター」や 「ローズ」「イモーテル」などはロングセラーとなっています。

それまでは、海外でしか手に入らなかったわけですが、今となっては、私達の暮らしになくてはならない存在となりました。

アイテムはとっても豊富。バスタイムにはシャンプー、リンス、シャワージェル、1日の疲れを癒すならハンドクリームやレッグクリームジェル、ワンランク上の女性を目指すならオードトワレやパフュームを・・・。

さまざまなシチュエーションでなくてはならない存在。

さぁ、ロクシタンの魅力をご紹介していきましょう。